1972480_300288233452881_2040964885_n

既成概念をぶち壊そう!

By simpledesign, 2014/03/04

あなたは「間違い捜し」好きですか?

同じように見える2つの絵の違いを見つける、あのゲームです。

人間の脳は情報を処理する時「概念」と言う機能が働き、記憶処理されます。

例えば、下の画像をご覧下さい。

そして、よ~~~く見て覚えてください。


3-1















そして








次に、下の画像を見て間違いを捜して見てください。

1カ所だけしか違いはありませんが、あなたは直ぐに見つけられますか?

3-2


すぐに見つけられた方は、脳細胞が若々しい方ですね。

中々見つからない方、脳の概念化によって細かい情報が捨て去られています!

「バックの金屏風の高さ」が違っていたのですね。

見つけられなかった方の脳は、金屏風を見ても、折り目が幾つあったか等のことを覚えても、「高さ」が変わる訳が無いと思い込んでいるのです。


具体的に別の例でお話すると、

赤いリンゴ

青いリンゴ

切られているリンゴ

枝が付いているリンゴ

横に転がっているリンゴ

これらは、ひとつひとつ違う状況にあるのですが、脳が記憶する時は「リンゴ」と言う「概念」で記憶します。

あなたが1年前に、友人宅で「リンゴ」をご馳走になったとして、「リンゴ」を食べたことは覚えているけど、どんなリンゴだったか細かくは覚えていないのは、そのせいなんですね。


つまり、人間の脳は、

行動

↓↓

繰り返す(パターン化)

↓↓

思い込み

↓↓

概念

似たようなパターンは「ひとつの概念に集約される」訳です。


と、言うことは、あなたがホームページで、何等かの情報を提供する場合、より具体的に、且つ、思いもつかない角度から表現しないと、覚えていてくれないと言うことになってしまいます。

リピーターになってもらうためには、有意義な情報提供が大前提ですが 、出来るだけ競合と違う視点で説明することを心掛けるようにしましょう。

先達が説明したページを参考にすることは悪いことではありませんが、そこには「楽をしたい!」と言うあなたの心理が働いているのです。

あなたが楽をすることと、来訪者に喜ばれること、長い目で見て、どちらが「良い結果」を生むでしょうか。

心理学を勉強しろとは言いませんが、人間の心理を思いやってホームページに役立てる。

ご理解いただけますか?

なかなか楽をして儲けることは出来ないのです。

【 教 訓 】

あなたの「努力」と言う積み重ねが無ければ、「良い結果」が訪れることは決してありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>