bbb

文章力を上げるには

By simpledesign, 2014/03/20

アフィリエイトサイト診断をしていて感じることは、「伝わる」文章になっていないな~と言うことです。
(サポート中の方々ご免なさいね)

ほとんどの人がメーカーの説明ページの文章を、自分なりに要約して短い文章で載せています。

bbb

つまり、自分で要約したことによって、自分の言葉で説明したと思い込んでしまっているんです。

この場合、来訪者はトップページとメーカーのページで、似たような文章を2度読まされることになり、不信感をいだきます。

自分の言葉で説明する、これは、溢れんばかりの情報をきちんと理解し、ポイントが伝わるように、自分の意見として責任を持って書くと言うことです。

わたしのこのメルマガは、どちらかと言うと文章量が多い方だと思います。

どこで誰が共鳴するか想像出来ない以上、上手く書こうと思ったりしても無駄だと思うからです。

不快感を与えない程度に気を付けながら、思い付くままに書きたいだけ書いています。

しかし、文章を書くと言う作業は、ネットショップやホームページでの物販の場合、必要不可欠な要素なので上手い方が良いに決まっています。

今回は文章を上手に書けるようになるための、勉強法についてお伝えしようと思います。

簡単なんでびっくりされると思いますが、

「いろんなメルマガを読んで下さい。」

これだけです!

まぐまぐへ行って、50誌位登録します。

送られて来たら当然読んでくださいね。

面白くなかったり、響かなかったら直ぐ解除しましょう。

20誌位に絞られて来たら、また50誌登録します。

これを繰り返しているうちに、

●あなたが「為に成る」と思ったものが残ります。

●あなたと「波長の合う」ものが残ります。

残ったメルマガを上記の2つのグループに分けます。

「●あなたが「為に成る」と思ったもの」このグループのメルマガはあなたを成長させてくれます。

「●あなたと「波長の合う」もの」このグループこそ、あなたの文章力を上げてくれます。

このグループに残ったメルマガには共通するトーン(調子)があります。

あなたが心地良いと思った文章ですから、あなたにも同じトーンで文章を書くことができるはずです。

自分の文章のトーンを把握し、自覚出来れば、そのトーンで自信を持って書いてください。

どんなに大量に書いたとしても、統一された文章表現になっているはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>