talkmagic2

タイトルバナーの重要性

By simpledesign, 2014/03/23

初めての訪問者があなたのホームページに訪れた時、一番最初に目に入るのがページ上部にある「タイトルバナー」です。

来訪者は検索サイトから「キーワード検索」で訪れる場合が多いですが、欲している情報と巡り会えたかどうかの、最初の判断がこの時になりますね。

では、どう言う出会い方が一番望ましいのか?

「キーワード」で探して来たのですから、当然タイトル部分の「サイト名」に、その「キーワード」が入っていないといけません。

これは、「あなたの訪れたこのサイトは、探している情報がきっとありますよ。」と、語りかけなくてはいけないからです。

 

今回は、わたしがサポートさせていただいている方、お二人にお作りした「タイトルバナーの実例」をご紹介します。

まず、お一人目は、「会話ノウハウのレポート」のセールスページ用素材として、イメージ展開を目的として創ったものです。

「レポートの表紙」と「ブックカバー」、「タイトルバナー」の三点セットで制作しました。

 

▼タイトルバナー

talkmagic2
▼表紙用イメージ

talkmagic1_s

 

 

 

 

 

 

 

▼ブックカバー

ebook-talkmagic-thumb-145x220-150

 

 

 

 

 

 

 

女性に向けてのレポートなので、「優しい」感じで統一イメージを展開させました。

 

もうお一人は「麻雀」をテーマにしたサイトを制作していた方です。

現状のタイトルバナーは、おとなしい感じですね。

site-s-thumb-220x158-153

 

 

 

 

 

まだサイトの制作も途中のようですが、ご自分で今一、タイトルバナーに不満があったようです。

そこで、わたしに「バナーが欲しいなぁ・・・」となった訳ですね。

サイズは「800×150ピクセル」をご希望でしたが、サイトの内容が「麻雀」と言う、博打の要素を含むどちらかと言うとインパクトの強いものです。

テーマがインターネット上の対戦ゲームであったとしても、熱気を感じますね。

そこで、思いきって「800×300」の力強いタイプのものを創ってみました。

marjyan.JPG-thumb-520x195-156

 

 

 

 

 

 

タイトルバナーはサイトの「顔」です。

身体に相当する内容や情報量も大事ですが、第一印象を決めるのが「顔」ですね。

優しさを伝えたいものは優しく、力強さをアピールしたいならインパクトを。

入口で来訪者の気持ちをつかんでしまえるようにしましょう。

あなたのホームページ、どんな「顔」していますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>