images-thumb-113x113-40

光の三原色について

By simpledesign, 2014/01/17

ホームページのカラーリングの基本です。

images-1-thumb-113x113-36

印刷物は「色の三原色」から成り立ち、パソコン画面の色は「光りの三原色」から出来ています。
色は交ぜれば交ぜるほど黒に近くなり、光りは白くなります。
パソコンの画面は印刷物と違って、発光画面です。

光の三原色、金赤、緑、青紫、この三色が同時に発光すると『白』になります。

images-thumb-113x113-40

舞台のスポットライトで説明すると、金赤、緑、青紫の光が袖の方から別々に、ヒロインに近付いて行きます。
舞台の真ん中のヒロインの所で重なったとすると、一番明るい白になります。

発光画面は通常の補色関係に明度がプラスされて来ますので、反対色(補色)を組み合わせる時は注意が必要です。
まず、発光画面を意識して、反対色は離して使うようにしましょう。
接触させるとハレーションが起こって、眩しい感じになっていまいます。

次に、発光画面の眩しさを軽減させるために、黒や濃い色を全面(下地)に使用する場合は、そこに入る文字色も同系色の明るめの色を基調にします。

ポイントに反対色を使う時は、白帯びで括って地色と接触させないでください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>