city

視点を変える

By simpledesign, 2014/04/27

今回は、現存するサイトや実店舗を通してのお話です。

脈絡も無く進んで行くと思いますので、ご自分の中で整理して、知識のひとつにして行ってくださいね。

 

わたしは料理が趣味と言うこともあって、近くのスーパーへよく行くのですが、最近、野菜売場の入口のところにあるスタンドバーで、「野菜・果物ジュース」を飲むようになりました。

その切っ掛けが、都心部の駅中やデパートの地下などでもよく見かけるようになった、「ベジタリア」と言うスタンドバーなんです。

“あなたのカラダサビついていませんか?”

と言うキャッチコピーにまず目を引かれるとともに、メニューごとに表示されている抗酸化パワーの強度(★で表示)も、注目してしまう「ベジタリア」。

beji-thumb-520x361-162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ベジタリア】

今回はホームページではなく、実店舗の話として取りあげましたが、実に上手く目の前を通り過ぎる人達を捕まえています。

これが若い時のわたしなら、気付かず通り過ぎたのかも知れません。

と言うより見ていても拒否したでしょうね。

まだまだ「身体のサビ付き」など考えたくないですからね。

でも、人生の残り時間を気にし出した人(わたしも)には、「サビ」「抗酸化パワー」と言うキーワードが、今までの食生活を変える切っ掛けになってしまいます。

これをホームページに落し込むとどうなるでしょうね?

“あなたのカラダサビついていませんか?”

と言うキャッチコピーと、抗酸化作用のある食品やサプリメントを紹介して、抗酸化パワーの強度(★マークの数で表示)を目立つように添えます。

立派なネットショップが出来上がります。

(実際のサイトの作りは、こうなっていないのでもったいないですね)

わたしが通っているスーパーのスタンドバーよりアピール出来てます(笑)

なんせジューサーが並んでいるだけですから・・・
小さな個人商店の強味として、扱う商品を変えることが容易、もしくは、新しい商品での出店が容易と言うことがありますね。

まして、インターネットのアフィリエイトやネットショップなら、ホームページ作成のスキルがあれば、「あっ!」と言う間です。

もうひとつ、ここまでやるとファンが出来るだろうなぁと言う、

syuzs-thumb-520x315-165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【スポーツウェブショッパーズ】

圧倒的な商品数がマニアを釘付けにしますね。

サッカーファンだけではなく、お子さんがサッカーをやっている親御さんなら確実に「お気に入り」でしょう。

専門店もここまで来ると「おみごと!」と言わざるを得ないですし、こうならないと「本当の放ったらかし」にはならないのです。

「放ったらかし」って悪い意味で取られがちですが、リピーターが居ないと作れない、ビジネスの理想なのです。

「放ったらかしで○○万!」なんて言うキャッチがありますが、努力無しの「放ったらかし」はあり得ませんからね。

インターネットから収入を得ると言うことは、きちんとしたビジネスを行うと言うことですから、「放ったらかし」に憧れる前に、「放ったらかし」の作り方を勉強しましょう!
またまた、話は飛んで近未来のお話です。

city

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来では新聞が無くなると言われています。

それに伴って、あなた専用に作られた、あなたが欲しい情報だけが詰ったメールマガジンが毎日届きます。

昨日、旅行のことを調べたとしたら、それが反映されて、今までの旅行内容から予算、移動範囲まで読んで、最適な旅行プランが載っている。

あなたがブロブで日記を書いていたら、ここ一週間の料理メニューを読んで、今日に最適な夕食メニューとレシピが載っている。

さらに、ご近所のスーパーの小売値まで載っている。

宅配の注文書もある。

こんなマガジンが届く時代が来るかも知れないのですよ。

こう言う時代が来た時、あなたは何をしているでしょうね?

便利さを享受するだけの存在でしょうか?

それとも誰かに喜ばれるサービスを展開している、ネットビジネスのオーナーでしょうか?
わたしは・・・、 生きているかなぁ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>