fb-banner

思い付いた事を検証する方法

By simpledesign, 2014/01/18

ホームページを作っていると色々載せたいものが出て来ます。
「これって売れそう!」「こうすると売れるかも!」
そう思い付いたことを直ぐ載せてしまう。
そして、それを繰り返して行くうちに、バラバラで何を訴えたいのか分からないページ構成になってしまう。

ギクッ! としている方いませんか?

あなたのホームページは進化しても良い存在です。
何も最初の決めごとを、守り通さなくてはいけないと言うことはありません。
メリットがあると思えば導入しても良いのですが、問題は「そのメリット」をきちんと理解しているかどうかです。

ものごとには全て、プラスとマイナスが共存しています。

例えば、フラッシュ(動く画像)ってカッコいいなと思い、専門家に作ってもらったとしましょう。
この場合、あなたはメリットをこう考えました。

● 来訪者に当サイトのイメージを確立できる。
● お金を掛けることによって真剣さが伝わるに違い無い。
● 同業他社はここまでやっていないので差別化出来る。
● 最先端をイメージとして植え付けられる。

ここまでは誰でもが考えることでしょう。
そしてその通りプラス面だけ出れば良いのでしょうが、何故かアクセスが伸びない。
反対に減ったような気がする。
こうなってはお金を掛けた意味がありません。

ここで事前に検証することが必要になって来ます。

どうするかと言うと、プラスとマイナス、考えられること全て書き出します。
プラス面は上記の4つだったとして、マイナス面(デメリット)はどうでしょうか?

● アクセスされてからページが開くまで時間がかかる。
● 2度目以降の来訪者が終るまで待たされる。
(改善案として専門家はスキップボタンを導入した)
● 制作費が掛かる
● イメージを専門家に任せた。

上記4つを書き出しました。

今度はそれぞれの項目に10点満点の何点だと思うか、点数を付けて行きます。

● 来訪者に当サイトのイメージを確立できる。(7点)
● お金を掛けることによって真剣さが伝わるに違い無い。(5点)
● 同業他社はここまでやっていないので差別化出来る。(8点)
● 最先端をイメージとして植え付けられる。(5点)

プラス面の合計は25点です。

● アクセスされてからページが開くまで時間がかかる。(5点)
● 2度目以降の来訪者が終るまで待たされる。(5点)
(改善案として専門家はスキップボタンを導入した)
● 制作費が掛かる(10点)
● イメージを専門家に任せた。(5点)

マイナス面の合計は25点でした。

お互いに25点どうしです。
プラスマイナス0「ゼロ」でしょうか?
いやいや、ここから「心理点」を加味して計算します。
プラス面は自分の中で思い付いたことなので、過大評価しているため70%とします。
マイナス面も同様に過小評価していますので、150%にします。
計算するとこうなります。

(25×75%)-(25×150%)= -18.75

マイナスの方が上回ってしまいました。
こうして冷静に判断出来ないことは方程式を覚えておくと、理論的に判断出来るようになりますね。

ここでひとつ、フラッシュについて弁護しておきます。

フラッシュと言うと、トップページのイメージ作りが浮かびますが、動く画像を効果的に使えばプラス要素が生まれる場合があります。
操作方法で言葉では伝わりにくい場合。
グラフ等で強調したい場合。
順番をきちんと伝えないと誤解を招く場合。

このような場合は、トップページでもありませんし、見ている方も理解度が増すためどんどん使いましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>