post

赤のパワーを使う

By simpledesign, 2014/01/18

わたし達にとって「赤」程、目を奪う色は他にはありません。
昔の人々は、火を生命力として捉えていました。
その命の根源「大きな火」と書いて、漢字の「赤」は誕生したのです。

さらに、「赤」は凄いですよ!

赤ちゃんが始めて認知する色が赤なんです。
そして、わたし達が多くの色が存在する空間で、一番先に注目する色も「赤」なんです。
これは、ちゃんと実験して立証されています。
ですから、これをホームページに落し込み、ポイント色として目立たせたい部分に「赤」を使うと、効果的だと言うことです。

まだまだ赤に関しての情報はありますよ~。

闘争心をかき立てる効果もあります。
格闘技の選手が赤い部屋に籠って、アドレナリンの分泌を促し、気合いを高めたりしていますし、カジノがインテリアに赤を使って「闘争心と金銭欲」を、かき立てたりしています。
さらに、わたしはトンとご無沙汰ですが、性欲を刺激もしちゃいますので、ラブホが良く使っているらしいです。

ちょっと良い方向に持って行きましょうね。

「赤」には適度な興奮状態を作るパワーがありますので、元気の無い日には「赤」を着ましょう。
還暦の「赤いちゃんちゃんこ」も、昔の人は「赤」の効能を知っていて、長生きを願う気持ちの象徴としていたようです。
「元気」「興奮」「認知」「性欲」「パワー」、勝負パンツに「赤」を履くのは、強ち間違いではなさそうですね。

あっ、また外れて行く・・・・。

「赤」ではありませんが、「ピンク」も凄いです。
「ピンク」は心には幸福感を、身体には温もりを与えます。
「気巧」で言うエネルギーでは、やはり落着いた大きなパワーだそうで、朝昼晩の3回、「ピンク」をイメージして、ゆっくり何回か深呼吸すると、元気を取り込めるらしいですよ。
さらに、若々しさも、もたらしてくれると言われています。
服装やインテリアをピンクで統一して暮すと、心身共に若返って、エステティック効果が高いと実験で証明されているくらいです。
と言うことは、サイトにピンクを使う場合の代表格は、ダイエット系やサプリメントを売っているところですね。
また、イメージが「生命」と結びつくサイトも良いですね。

「赤系」って凄いでしょ?!

信号の「止まれ!」が赤なのも一番目立つからなんですね。
ポストや消火栓が赤いのも目立つからですよね。

さぁ! あなたはホームページで「赤」を、どう使いますか?
上手に導入すれば効果抜群ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>