キーワード:同棲 結婚準備 妊娠・つわり スキンケア 佐伯チズ 韓流スター   美容整形 レーシック




最新更新記事



レーシックのデメリットは?

レーシックは危険性が高いものではありませんが、レーシック手術前に危険性(デメリット)も把握しておきましょう。
レーシック手術の危険性は殆ど無く、安全性の方が格段に高いのですが、そうはいっても多少のリスクは伴います。医師が行う手術ですので、執刀医のレーシック技術や手術の精度によっては、角膜に傷を付けることも無い訳ではありません。レーシック手術は、角膜をレーザーメスで削りますので、手術後や完治後も執刀医の技量によって思わぬ事態の起きる可能性もゼロではありません。

手術後は角膜を削っているので元には戻せませんし、再手術も難しくなりますので、実績があるクリニックを選んで信頼できる医師を慎重に探しましょう。
また、一番心配な失明の危険ですが、大きな事故の報告は今まではないようです。一時的な合併症はあるものの、その後は、時間が経つとともに自然に治癒しているようです。ごく稀に専門医の治療が必要になる事例も起きています。

では、比較的起こり得る合併症には、どんなものがあるのかを見て行きましょう。
代表的なものは、ドライアイ・白目の充血・目に異物感を感じる・涙目・過矯正や遠視ぎみになる・低矯正や近視が残る・角膜の感染症 などです。
これらの合併症は、定期健診を受けることにより、早期に発見・治療出来ますので、忘れずに受けて下さい。

続きを読む "レーシックのデメリットは?" »

レーシックのクリニック選び

レーシックの失敗や危険性で気になるのが「失明の危険性はないのか?」ではないかと思います。レーシック手術は角膜の一部をレーザーメスで削り取り、その他の眼球内部には触れない手術ですので、経験を積んだ専門医で適切なレーシック手術が行われれば、失明の危険はありません。

そこで大事になるのがレーシックを行っているクリニック選びです。まず、レーシックの費用は一切無視し、その他の部分、例えば歴史、実積、評判などで色々なクリニックを比較・検討し、それでも決まらない場合、最後の選択肢として治療費を検討してみる事が良いと思います。

次に、設備に関して、必ずしも最新の設備や機械が最良とは言えませんが、それでも最低限アイトラッカー機能が付いた機械を使っているクリニックを選びましょう。
チェック項目の最後に 、一番重要なのが、アフターケア体制です。適応検査を受けてみたが、どうもこのクリニックの検査は信用できないと感じたら、他のクリニックの適応検査も受けてみるべきです。また事前にホームページがある場合は調べたり、メールや電話等で、術後の定期検査の内容を聞いておきましょう。

番外として、近いからと言う理由で判断しないようにしてください。 術後の再検査も1週間後、1ヶ月後、半年後の3回程度なので、近いと言って選ばないで総合力で決めましょう。

続きを読む "レーシックのクリニック選び" »

レーシック治療は恐い?

レーシックとはギリシャ語の「Laser in situ Keratomileusis」の頭文字を取ってLASIK(レーシック)と呼ばれ、レーザーを使い角膜を削ることによって視力を回復させる手術法を言います。レーシックの安全性に関しては日本での歴史は浅く、まだ7・8年と言う新しい手術法ですので、臨床データが少ない状況なので100%安全な手術だとは言い切れません。また、レーザーを眼の中に照射するイメージが危険な感じを生む要因となっています。

また、レーシックはギリシャで生まれ、ロシアが率先して行ってきたので、どうしても共産圏での暗いイメージもつきまとうため、危険性がぬぐい去れない歴史があります。しかし、現在はアメリカが主導となり、イントラレーシック(Intra LASIK)と呼ばれるレーシックよりも安全性や確実性が高い手術も生まれています。イントラレーシックは今までのレーシックで使っていたマイクロケラトーム(電動メス)より、はるかに滑らかで正確な厚さで角膜を削ることができ、熟達した医師が使用することにより100%に限りなく近い安全性を確保出来るようになりました。

安全性の高いレーシック手術とは言え、ドライアイになってしまったとか、術後のぼやけ・かすみ、白目の出血など、いくらか合併症の報告もありますが、通院することで解消出来るようです。

続きを読む "レーシック治療は恐い?" »

乳液でスキンケア

乳液は化粧水で肌にたっぷり保湿成分を与えた後の蓋のような存在ですね。

また、なじみのよい化粧水とクリームの間の存在です。

さらに、肌を柔らかくして次につけるものの肌への浸透を高めてくれます。

せっかく肌に必要な保湿成分を、化粧水で送り込んだのですから、乳液をつかって、その成分を逃がさないようにしましょう。


乳液の効果的なつけ方

乳液は化粧水をつけてから1〜2分後、化粧水をつけた肌が落ち着いてからつけましょう。

使ってみて「しっとりするのにべたつかない」、こんな感じで自分の肌にあわせた適量が判断できるといいですね。

これは経験でわかってくると思います。

続きを読む "乳液でスキンケア" »


レディースナビは
アフィリエイトサイトです

カテゴリー別





Links



アロマティックワールド

大きいサイズをステキにする
プリーツ服